ツバメの巣の料理と食べ方

ツバメの巣の料理方法はとても簡単。作り方が次の4つのステップで煮込めばOKです

  • ステップ1:
    ツバメの巣を水に数時間浸します

    まず一両(37.5g)のツバメの巣を三等分し、ミネラルウォーターか純水に数時間浸します(ツバメの巣の種類によって変わります)、ツバメの巣が水分を吸収して半透明になるのを待ちます。

  • ステップ2:
    ツバメの巣に着いた少量の羽などを取り除きます

    ツバメの巣に着いた少量の羽などを取り除いて、水洗いをします。約3銭(3.75g)の燕窩で500ccの煮込みが作れます。

  • ステップ3:
    鍋の中に適量の氷砂糖を入れ,とろ火で煮込みます

    鍋の中に、水で戻したツバメの巣と水500cc、適量の氷砂糖を入れ、とろ火で煮込みます。

  • ステップ4:
    大同電鍋(万能炊飯器)があれば, ​もっと簡単に料理できます

    もし大同電鍋(万能炊飯器)があれば、外鍋にコップ一杯の水を入れてスイッチを入れるだけで、スイッチが上がればできあがりです。もし電鍋がなければ、適量の水を入れた外鍋に上記材料を入れた内鍋を入れ、弱火で20~30分、外鍋の沸騰水で煮詰めます。

* 煮込んだツバメの巣は、冷蔵庫で約7日間保存できます*
* 上質の純天然乾燥ツバメの巣*

ツバメの巣の最適な食べ方と食用時間:

  • 夜11時から1時まで(陰陽の気が交わる時間帯で、吸收力が最も良い)
  • 朝5時から7時 (お子さんやご婦人、ご老人)
  • 午後3時から5時 (養生)
  • 食前または食後の1時間半から2時間の空腹時が最も吸収が良いです

種類ごとの煮込み時間

ツバメの巣の種類 水戻し時間 煮込み時間
5 ~ 6時間 約30分

インドネシア・金絲黄燕盞(きんしこうえんせん)

5 ~ 6時間 約30分

インドネシア・金絲血燕盞(きんしけつえんせん)

24 時間(冷蔵庫に入れること) 90 ~ 120 分

タイ・暹羅洞燕盞(せんらどうえんせん)

10時間 約30分

ベトナム・会安洞燕盞(かいあんどうえんせん)

24時間 約30分

インドネシア・金絲白燕條(きんしはくえんじょう)

5 ~ 6時間 約30分

インドネシア・金絲白燕角(きんしはくえんかく)

24 時間(冷蔵庫に入れること) 約30分

インドネシア・金絲白燕砕(きんしはくえんさい)

2 ~ 3 時間 約30分

続きを読む:

ツバメの巣 ─ 透明に煌めく高貴な味わい

各種ツバメの巣の比較

インドネシア・ツバメの巣採集の旅

関連製品